カーネーションは小さく花が咲き、可愛い植物のひとつですが、

    冬を越すことはできるのでしょうか??

    カーネーションの基本的な育て方から、冬の越し方まで説明します!

    uGGFel

     

    カーネーションの種類

     

    カーネーションというのは、

    西アジア原産のナデシコ科の多年草です。

     

    キリスト教や仏教では寺や教会で当たり前のように、

    神や天使や仏が描かれるのに対して、

    イスラム教では偶像崇拝が禁止されているので、

    そういったモチーフは描けません。

     

    なので、モスクで描かれる模様は草花などに限られ、

    その模様としてカーネーションがよく使われています。

     

    なお、カーネーションは

    スペイン・モナコ公国・ホンジュラスの国花です。

     

    多年草というイメージはあまりないかもしれませんが、

    管理方法さえ間違えなければ初冬まで咲いてくれます。

    73454i1

     

    ナデシコやセキチクの仲間ですが、

    品種改良の結果か、もともとそういうものか、

    ナデシコやセキチクほど強くは無いので、

    日本の環境では同じように管理していると

    カーネーションは枯れてしまうことが多いそうです。

     

    カーネーションが多年草のイメージが少ない理由としては、

    とても虫が付きやすく、

    病気になりやすい植物ですので、

     

    冬を越すのが難しいというよりかは、

    何年も元気いっぱいに保つのが難しいからです。

     

    本によっては、

    「1年草扱い」と書かれていることもあります。

     


    Sponsored Link

    カーネーション=母の日近辺は注意!?

     

    母の日に定番のカーネーションですが、

    温度の調整で周年開花が可能で、市場に出荷されます。

     

    ところが母の日前後に需要が極端に集中するために、

    玉石混交になって、鉢物としてはあまりよろしくない物が出回ることが多いので、

    注意が必要です。

     

    できたら、母の日近辺を避けて、

    鉢を買うようにしましょう。

     

    カーネーションの育て方~水やり・肥料編~

     

    カーネーションに水やりをするときは、

    つぼみに水がかからないようにしましょう。

    IMG_0212

     

    つぼみ部分に水がかかると、

    つぼみが傷み、

    最悪の場合枯れて、その部分に病気が発生します。

     

    その病気が株全体に広がる…なんてことも

    ありえます。

     

    水やりする場合は、

    土に水を注ぎましょう。

     

    土が乾いたら、

    たっぷりの水を注ぎましょう。

    mizuyari01

     

    ですが、

    カーネーションは水やりをしすぎると

    根腐れを起こしてしまうので、注意しましょう。

     

    土が濡れているうちは、

    水をやらなくても大丈夫です。

     

    また、意外と肥料が沢山必要な植物なのです。

    夏以外の生育期間に月に一回は、液肥をあげた方が良いです。

     

    肥料が切れると花つきが悪くなり、

    葉っぱの色もくすんできます。

     

    カーネーションの育て方~管理場所・日当たり編~

     

    季節によって色々変化はありますが、

    基本的に日がよく当たる場所で育てましょう。

     

    真夏は半日陰で大丈夫です。

    カーネーションは高温多湿に弱いので、

    30度以上にになると、成長が止まり、

    真夏の直射日光に傷んでしまいます。

     

    真夏は肥料を止めて、半日陰に移動させるのが

    ベストです。

     

    冬は室内の日当たりが良い場所がいいです。

    140517hana2

    カーネーションの耐寒温度は0度と言われています。

     

    できたら、5度以下の場所は避けた方が良いでしょう。

    最近は寒さに強いものもありますが、

    一般的なカーネーションは寒さにも弱いので

    室内で管理するものと考えてください。

     

    室内で管理する場合、

    窓辺などの日の当たる場所で管理してください。

    日が当たっていないと葉っぱが変色して枯れてしまいます。

     

    これで、冬も越せますね♪

    カーネーションをうまく育てて、何年も楽しみたいですね★

    img_carnation_howtogrow02


    Sponsored Link