赤ちゃん水分

    アスペルガー症候群は別名「知的障害のない自閉症」と言われており、今のところ根本的な治療法のない広汎性発達障害と位置づけられています。
    その症状は3歳ごろまでには既に現れ、アスペルガー症候群と認定されることがあります。3歳までに現れる症状と、対処法、アスペルガー症候群とは、3歳までに症状が現れた場合の療育方針などを集めてみました。
    参考にしてみてください。

    1.アスペルガー症候群とは

    アスペルガー症候群とは、端的に言ってしまえば知能自体に問題はないのですが対人関係に問題を抱えやすく、生きづらくなってしまう障害です。

    3歳ごろまでにも症状は現れますが、大人になると具体的には下のような症状が現れます。

    ・共感性の欠如
    (他人と分かり合えない・分かり合おうと出来ない)
    ・一方的な人への接し方
    (人への思いやりが困難)
    ・人間関係を作る能力の欠如、希薄さ(面と向かって欠点を指摘したりしてしまう)
    ・過度に細かく、繰り返しの話が多い
    ・コミュニケーションのが困難
    ・特定の関心事に凝り固まる
    ・動作の不器用さや組み立てのまずさ、姿勢のおかしさ
    ・周りの人とはどこか違うという違和感が付きまとう
    ・人と親交を持ちたいのに、うまく出来ない
    ・いじめられても、理由がわからない


    Sponsored Link

    2.3歳までに現れるアスペルガー症候群の症状

    アスペルガー症候群の症状は、3歳までの年齢で既に現れてきます
    3歳までに現れる症状には、例として以下のようなものが挙げられます。

    ・目を合わせたがらない、抱っこするとのけぞる
    ・五感が過敏になるなど、感覚の発達に違和感がある
    ・何でも自分でやりたがる要求が過度にある
    ・不眠などの睡眠障害が起こる
    ・機嫌がよかったのに、急にぐずりだす

    2.アスペルガー症候群と判明したときの対処

    最初にも書きましたが、アスペルガー症候群などの発達障害を根本から治す治療法や薬は現在のところ存在しません
    3歳ぐらいの年齢で判明した場合、療育には専門家の助けが必要です。
    症状が現れても、親御さんの教育のせいではありません。
    自分を責めず、周りに助けを求めることが肝要です。
    大人になってから判明するより、3歳頃までに診断結果が出てその後療育に力を入れることができるほうが、本人も周りも苦しまずに済みます。
    まず発達障害に長けた医療機関、専門家、療育機関などに頼りましょう。
    アスペルガー症候群になるのは、誰のせいでもありません。本人のせいでもないし、親御さんのせいでもありません。
    たまたまそういう風に生まれついたとしか言うことができません。
    だから、症状に応じて根気強く療育していくしかないのです。

     


    Sponsored Link