「立春の候」

聞いたこと、見たことのある字づらだと思いますが、

どういう意味かお分かりでしょうか。

 

なんとなく、という字が入っているので、季節の言葉、季語、挨拶のときに使う言葉かな、くらいまでは分かると思いますが。

 

読み方は、

りっしゅん の こう

または、

りっしゅん の みぎり

です。

りっしゅん の そうろう

ではありません。

こう

です。

 

時候の挨拶

立春の候というのは、いわゆる、時候の挨拶す。

時候の挨拶というのは、日本における、手紙やはがきなどを書く際において、文章の冒頭に使用する礼儀文のこと。

どのように使うかというと・・・。

例文:
立春の候、ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。 

 

では、いつくらいに使うのでしょう。

主に2月です。

 

立春は2月?

a1180_009231

 

 

 


Sponsored Link

立春の候が2月の理由

日本には四季があります。

私たち日本人はそれに誇りを持ち、またそれを楽しんでいます。

素敵なことですね!

その中で、立春・立夏・立秋・立冬と日本には季節の始まりの日があります。

立春は、二十四節気(にじゅうしせっき)の第1で、現在広まっている定期法では太陽黄路が315度のときで2月4日ごろ。

 

二十四節気(にじゅうしせっき)とは、おおまかに言うと、1年を24等分し、その分割点を含む日に季節を表す名称を付したもの。

どういう名称が付いてるかというと、

立春・雨水啓蟄春分清明穀雨立夏小満芒種夏至小暑大暑立秋処暑白露秋分寒露霜降立冬小雪大雪冬至小寒・大寒。

 

まだ寒いのに立春?

そもそも春とは「寒さが増さなくなった時期」として定められたため、春の初頭は当然に寒さが底を打った時期になるそうです。

なので、この日が寒さの頂点になるのです

ちなみに、2015年の立春は2月4日です。

 

豆知識

ここで豆知識!

桜の開花時期は立春からの最高気温の合計が540℃という概算法がある

そうです。

そんな計算方法があるのですね。気温の合計。それも最高気温の。

知らないことがまだまだありますね。

a0960_005690

 

なかなか手紙を書く習慣もなく、誰に宛てて書いたらいいのかも分からない・・・。

でも、こういう季節の言葉を知ると使いたくなりますね。

でも年賀状に使うには早いし。

お手紙というより、礼状などに使うようですが。

誰かにお礼の手紙を書きたくなりますねえ。

 

ここはひとつ、ふるさとの親、親戚に一筆書いてみるのも悪くないかも。

逆に何かあったかと心配されるかな・・・。


Sponsored Link