nekutai

    結婚式、特に親族の場合、服装には気を遣いますよね。
    男性は黒のダブルのスーツ、白のネクタイが一般的であったものの、時代とともにマナーは変わるもの。
    最近の10代、20代、30代の男性には「お葬式でもないのに黒のブラックスーツは少し古くさい」という意見も多いようです。

    逆に、40代以上の男性はきちんとした黒のダブルスーツを着ていきたい方が多い傾向があるようです。
    では、親族の結婚式に出席する場合どんなネクタイとスーツで行けば悪目立ちせず、礼儀を欠くこともなく、お洒落に決めることができるのでしょうか?
    今回は検証をしたいと思います。

    1.年配の方が多く出席する結婚式の場合は黒のダブルに白いネクタイ推奨

    40代以降のご年配の方は、やはりマナーを気にするものです。
    そんな方が多く出席する結婚式、ましてや親族の場合はどれだけ「ダサい」と思っていても黒のダブルスーツに白いネクタイ、またはそれに近い服装で出席しましょう。
    そもそも黒のダブルスーツ自体、略礼服と呼ばれるもの。正式な礼装ではないのです。
    かといって正式な礼装である燕尾服で出席しても浮いてしまいます。


    Sponsored Link

    2.お洒落に決めるなら。親族席に座る場合の結婚式の服装マナー

    最近の若者の間では黒に目立たないストライプのスーツ、チャコールグレーのスーツなどが人気のようです。
    やはり正式には、特に親族の場合は黒のダブルスーツに白のネクタイがマナーなので、黒に近いスーツを選びましょう
    ネクタイも黒は絶対にNGです。光沢のある白や銀のネクタイが無難。
    黒だけは模様が入っていようとやめておきましょう。縁起が悪いのでNGです。
    スーツに合っていれば、ピンクやライトブルーなどパステルカラーのネクタイでもOKです。
    ただ、年配の方が多い結婚式の親族席に座るならば白や銀をお勧めします。
    ネクタイピンもキャラクターものなど派手なものは避け、シンプルなものを選びましょう。
    親族として結婚式に出席するわけですから、スーツもネクタイも派手なものは避けましょう。

    いかがでしたか?今回は結婚式に親族として出席する場合の男性の服装マナーをまとめました。
    やはり年配の方が多い結婚式、特に親族席に座るとなれば服装は新調に選ぶべきです。
    浮かないよう、礼を失しないよう、礼服の一着は持っていたほうが無難かもしれません。
    ネクタイは必ず光沢のある、銀か白を選びましょう。
    結婚式は相手を祝う席です。失礼の無い場にふさわしい格好をして、新郎新婦を祝福しましょう。


    Sponsored Link