本格的な冬の最中、
    風邪をひいておられませんか?

    もし、風邪が心配ならば
    肝心なのは、
    風邪のひきはじめの対処の仕方
    だそうですよ。

    ひきはじめに上手にしておけば、
    重症化するまえに治せ
    仕事や勉強への影響も少なくてすむのです。

    il_15

    そういった、
    風邪のひきはじめに対処する方法として
    一番に挙げられるのが
    栄養ドリンク
    ですよね!

    他にも栄養ドリンク以外にも方法があるようなので
    その対処法について今回は紹介したいと思います。

    ① 栄養ドリンクについて

    栄養ドリンクで風邪は早く治るの?
    そう思う人は多いと思います。

    そもそも、風邪というのはどのような
    状態をさすのでしょう。

    ウィキペディアによると

    風邪とは、
    にウイルスの感染による
    鼻や咽等の炎症性の疾病に掛かった状態の事。

    咳や、咽の痛み、鼻水、鼻づまりなどの症状、
    および発熱、倦怠感、頭痛など全身症状が
    出現した状態のことだそうです。

    それに対する、
    栄養ドリンクの記載されている効能というと

    一般的に
    滋養強壮・虚弱体質・肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・
    産前産後などの場合の栄養補給」といった文言が記載されていまうよね。
    このように、結びつけると効果があるようですね!

    img_55c7ef480c961347bd60351fa97a06b41573295

    正直、個人差はあると思いますのが。
    でもドラッグストアに行って相談すると大体すすめられるのは
    栄養ドリンクからの薬の服用なので、
    薬剤師さんが言うので信じているという現状なのでしょうね。


    Sponsored Link

    ② サプリメントの活用

    最近のサプリメントには、
    とても種類が豊富で摂れない栄養素はないのでは?
    と思うくらい種類がほうふですよね!

    その中でも、
    ビタミンCを服用すると効果があるというのです。
    飲み方はいろいろのようですが、
    基本の服用で、
    サプリの説明書で
    記載されている上限
    1日2g(2000mg)を守れば、
    特に問題はないようです。

    P10609141

    その際も、水分補給や休養をしっかりとる事で
    風邪のひきはじめは乗り越えている人もいるのも事実です。

    ③ 漢方薬、葛根湯の服用

    葛根湯は
    風邪薬として有名な漢方薬です。

    また、漢方薬としても最も知られている薬かもしれません。

    69e91c419596dc5013572960dc1ba4541

    漢方での風邪の治療法は
    風邪の原因となるウィルスが体の表面に留まっている間に、

    汗をかかせ、
    内部に侵入する前に排除してしまおうというコンセプトです。

    従って、ウィルスが体内に侵入してしまい、体の防衛反応である発熱が始まると、

    手遅れということになります。

    具体的には、
    ・ゾクゾクっと寒気がする
    ・首筋や背中がこる
    ・頭痛や筋肉の痛みがある

    などという風邪の初期症状の段階が、
    葛根湯が威力を発揮するタイミングです。

    これらの症状を感じ、あれ?何か調子がおかしいな、と思ったら、

    葛根湯をお湯に溶いて飲み、
    消化の良いお粥などを食べてぐっすり睡眠をとれば、

    翌朝には体調が回復していると思います。

    ④ 貼るカイロで撃退する?

    ときどき、メディアなどで時々耳にする
    「風門」(ふうもん)というツボ。
    背中の上部にあり、
    東洋医学では昔から風邪(ふうじゃ)
    と呼ばれています。

    images (1)

    ここを温めると
    免疫力が高まり風邪の症状に効くそうです。

    もっとも効果があるのは、風門だけを温めるより
    肩甲骨全体をカイロで温める方法が良いとのこと。

    タートルネックの襟の縫い目から貼るとピッタリの位置!

    使用する時は、低温やけどには注意しましょうね!

    ⑤ 部屋の温度や食べ物で治療する

     

    部屋の湿度を50%以上に保つ
    風邪のウィルスは湿度に弱いと言われています
    。50%以上に保つことで、
    ウィルスの働きを弱めることができるので、
    加湿器を使用するとよいでしょう。

    B00FB4T9DO_02

    また、くしゃみをしたとき、
    空気が乾燥しているとウィルスが空気中を舞い
    、湿度が高いと床に落ちるので、風邪の感染防止にも湿度管理は大切です。

    体を内側からあたためることで、
    免疫細胞が活性化してウィルスを撃退します。

    体をあたためる働きのあるしょうがや、

    免疫力を高めるネギ、
    にんにくを使ったスープなどがおすすめです。

    1166311_4

    また、消化されやすいものを選ぶのもポイント。

    食べ物の消化にはかなりのエネルギーが消費されるので、
    体力が奪われてしまいます。

    お肉や食物繊維など消化に時間がかかるものより

    、スープやおかゆなど消化されやすいものを選ぶとよいです。

    いかがでしたでしょうか。
    風邪のひきはじめに効果があるとされる方法を紹介しましたが、
    全体に個人差や好みがありますので注意されて下さい。

    しかし、風邪のひきはじめの対処が大事なのは間違いありません。

    top_img01
    確かに、効果があり手っ取り早いのが栄養ドリンクなのは確かでしょうけど、
    「風邪は万病のもと」と昔から言われます。
    ですので、個人個人で予算や方法などを判断されて早めに対処するのが、

    重症化を防ぐ一番の方法でしょうね!


    Sponsored Link