赤ちゃんが鼻づまりを起こし、苦しそうにしていることがあります。
    また、赤ちゃんも違和感を感じ辛いので
    機嫌が悪くなってしまうこともあります。

    赤ちゃんの鼻づまりは
    どういったことが原因で起こりるのでしょうか?
    また、苦しそうな時、どのように対処してあげるのが良いのでしょうか?

     

    赤ちゃんが鼻づまりになってしまうのはなぜ?

    4f07235f1fbc09079d1a232e973dc32b_m

    かわいい赤ちゃんが苦しそうにしていたら
    心配してしまうのは当たり前のことです。
    けれど、ただの鼻づまりは赤ちゃんにはよく起こることでもあります。

    赤ちゃんの鼻は短く低いかたちをしているため鼻腔が狭くなっており
    乾燥や気温の変化などのちょっとした刺激で鼻水がでやすく

    そのため鼻くそが詰まりやすくなってしまうため
    鼻づまりの症状を引き起こしやすいのです。

    特に新生児の赤ちゃんは鼻で呼吸することが多いので
    うまくできないと苦しそうにすることがあります。
    そうならないよう、日頃から綿棒などでお手入れをしてあげることが大切です。

    赤ちゃんの鼻優しく綿棒の先端だけを入れ、くるくると2~3回まわします。
    無理にとることはせず、できれば2人で行なうことができるとベストです。

    ただ、赤ちゃんは体全体をよく動かし
    急に大きな動作をとりますので
    綿棒などの扱いにはくれぐれも注意してください。

     


    Sponsored Link

    鼻づまりを起こしてしまっている場合の対処法は?

    まずは、部屋の乾燥を防ぐことが重要です。
    加湿器などで湿度を一定に保ったり

    ひと肌の温かさの蒸しタオルを
    赤ちゃんの鼻の下に当ててあげると
    鼻づまりの症状もおさまることがあります。

    もしも鼻水が止まらない場合は
    鼻吸い器を使って
    少しずつ様子を見ながら鼻水をきれいにとってあげましょう。

    鼻水が少量の場合は、湿らせた柔らかいガーゼや布などで拭き取っても構いません。
    赤ちゃんのお肌はとてもデリケートなので
    最後に軽く拭きあげ、保湿クリームでお手入れしてあげるといいでしょう。

     

    苦しそうな症状がまだ続く場合

    1902e09a9e704261778aa7deb71da4ca_m

    以上のことを行なっても
    まだ赤ちゃんが苦しそうにしている場合
    鼻づまり以外に症状はないかを確認してください。

    たとえば熱がでたり、ミルクを飲む量が少ないという場合
    また、鼻水の状態がおかしいなと感じる時には
    迷わず小児科を受診されることをおすすめします。

     

    赤ちゃんは自分の症状を話すことができないため
    こちらが苦しそうにしていないかどうかを判断してあげる必要があります。

    鼻水がでたり鼻づまりを起こすことはよくあることですが
    できるだけ注意して赤ちゃんの様子を見守ってあげましょう。


    Sponsored Link