cookie10

    男性のみなさんにとっては憂鬱かもしれない、ホワイトデー
    お返しを考えたり、お返しのやりとりをする行為は男性にとってあまり楽しくないことが大きな原因かもしれません。
    しかし社会に出れば、特に会社などでは避けて通れないこの行事。
    何を贈れば良いのか、どれくらいの値段が適当なのか。
    今回は会社でのホワイトデーのお返しについて書いていこうと思います。

    1.ホワイトデーの会社でのお返し、予算はどれくらい?

    まず気を遣わなければならないのが、予算です。
    ホワイトデーのお返しとはいえ、会社の義理でのお返しなのですから、相手が心苦しく思わない程度のものを選びましょう
    人数にもよりますが、だいたい500円前後のものを選ぶのが正解だと思われます。
    繰り返しますが、あくまで「会社で」「義理の」お返しです。お互いに負担にならない程度のものが一番といえるでしょう。


    Sponsored Link

    2.ホワイトデーの会社のお返し、何を返せばいい?

    次に気を遣うのが、「何を返すか」です。
    以下のようなお菓子類が無難だと思われます。

    ・チョコレート
    ・キャンディー
    ・クッキー
    ・マドレーヌ

    など、ある程度見栄えがして日持ちするお菓子を選ぶのがベストです。

    ちなみに、ホワイトデーのお返しのマシュマロには「あなたが嫌い」という意味があるのでオススメはしません。

    お菓子類以外のものを返すのであれば、石鹸などの消耗品やちょっとした生活雑貨をお返しするという手段もあります。
    しかしホワイトデーとはいえ、会社の、義理のお返しです。
    あまり個人の好みに左右されるものをお返しするのは上策とはいえません。
    お菓子にとどめておくのを、個人的にはオススメします。

    以上、ホワイトデーの会社のお返しに何を返すか、ということで今回は記事を書いてきました。
    会社での、義理のお返しは男性の場合も気を遣うことと思います。
    しかしそれは女性も同じこと。バレンタインでもホワイトデーでも、お互い気を遣わなければならないのがこの行事なのです。
    義理の、しかも職場である会社でのバレンタインとホワイトデーなど、本音では煩わしがっている人のほうが多いかもしれません。
    男女ともに本音は意外と同じようなもの。「何を贈れば良いのか、何をお返しすればいいのか」で悩んでいる方も多いと思います。
    ならいっそ廃止しろ、とも言えないバレンタインとホワイトデー。年に一度のお菓子のやりとりとお返しを、いっそ楽しんでみるのもアリだと思いませんか?
    義理でも貰ったモノは貰ったモノ。きっちりとお返しをしましょう。


    Sponsored Link