赤ちゃんがいびきをかいた…!!

    とびっくりされる方も多いかもしれません。

    赤ちゃんがいびきをしたときは、軽く考えずちゃんと対処しなければいけません。

    snapcrab_noname_2014-9-9_11-59-40_no-00

     

    赤ちゃんのいびきの原因は、鼻づまり?!

     

    赤ちゃんがいびきをかいてしまうのは、

    いくつか原因があります。

     

    最も多い原因のひとつは、

    鼻づまりなのです。

     

    また、注意しなければいけないのは、

    先天性疾患や障害が原因となっている場合です。

    boy_01

     

    鼻疾患から呼吸困難になってしまうこともあります。

    鼻疾患として、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などがあります。

     

    赤ちゃんは成長とともに、呼吸器官も発達し、

    自然と治ることもありますが、

     

    喉仏のあたりがへこんでいたら、

    早急に病院を受診してください。

     

    その場合、

    呼吸が苦しくなっている可能性があります。

     

    いずれにせよ、

    気になる症状が続くようであれば、

    迷わずに一度耳鼻科でよく診てもらいましょう

     

    機嫌もよくミルクや母乳も飲めたり、

    特におかしな呼吸になっていないなど、

    健康そうで特に気にならないのであれば、

    あまり神経質にならなくてもいいでしょう。

     

    また、寝ているときに

    横にしてあげたり、少し背中を起こしてあげたりすると

    赤ちゃんが楽になります。

    421d73ad8ec933ccc5076104f0428158_s

     


    Sponsored Link

    鼻づまりが原因のいびきの対処法

     

    本来、赤ちゃんのいびきは

    先天性ではなく、

    ただの鼻づまりで、いびきをかいているという

    可能性が1番高いです。

    bf059b6e

     

    鼻づまりが原因で、

    口呼吸になってしまっているのです。

     

    赤ちゃん、特に新生児は、

    鼻の穴もとても小さいので、少しの事でも音がしてしまうのです。

     

    耳鼻科や家で鼻水を吸ってあげましょう。

     

    特に、母乳を飲んでいる赤ちゃんに

    多く見られます。

     

    予防法・対処法としては

    ・ミルクを飲んだ後に、しっかりとゲップをさせる

    ・いびきをしていたら、縦抱きしてみる

    ・寝かせる時は、最初横向きに寝かせてみる

    ※背中にバスタオルを丸めておくと安定します。

    ・少し枕を使ってみる

     

    など、色々な予防法・対処法を試してみましょう。

     

    また、覗いても見えないくらい奥に詰まっている

    鼻くそが原因の時もあります。

     

    毎日のお風呂上がりに綿棒でサッと鼻の穴の入り口あたりを

    掃除してあげると改善したということもあります。

    しかし、やりすぎは禁物です。

    赤ちゃんのいびきは治るもの?!

     

    ほとんどの場合が

    鼻づまりが原因の赤ちゃんのいびきですが、

     

    神経質になることはありません。

     

    成長とともに、鼻の穴が大きくなり

    いびきをしなくなる場合はほとんどなのです。

     

    いびきをしているということは、

    まだ成長しきっていない証拠とも言えるかもしれませんね。

     

    しかし、

    変だと気になったら、迷わず耳鼻科にいきましょう。

    7


    Sponsored Link