赤ちゃんの頃から、特に2歳ほどのお子さんから

    花粉症にかかるそうです。

    子供たちが花粉症にならないようにする、対策とは…?

     

    2歳児からの花粉症

     

    近年、様々な環境の変化が要因となり、

    花粉症の低年齢化が進んでいます。

    39cc2e3d

     

    1歳未満の赤ちゃんでも発症する場合がありますが、

    一般的に症状が出るのは早くて2歳頃からだといわれています。

     

    3歳過ぎの幼児が花粉症になるのは、

    今ではそれほど珍しくありません。

     

    元々アレルギー体質で、

    乳児期にアトピー性皮膚炎や気管支喘息の症状があると、

    花粉症を発症しやすい傾向にありますが、

     

    アレルギー体質じゃなくても、

    急に花粉症になることもあります。

     

    両親のどちらかが花粉症の場合は、

    遺伝的に体質が花粉症になりやすいともいわれています。

     

    また、冬生まれの赤ちゃんも、

    生まれてすぐに花粉の刺激を受けることになるため、

    他の季節に生まれた赤ちゃんより

    低年齢で花粉症を発症する傾向がみられます。

     

    2歳ほどの子供場合、

    目の充血やかゆみにより花粉症と気づくケースが多いです。

    12

     

    子供は、

    もともと口呼吸が多く、

    鼻づまりやくしゃみ、鼻水がでても

    なかなか花粉症と気づかないのです。

     

    外で遊んでいるときに、

    急に目をこすったりし始めたら、

    花粉症を疑ってもいいかもしれません。


    Sponsored Link

    子供を花粉症にさせない対策

     

    2歳の子供が花粉症で苦しむ姿を見たくはありませんよね?

    前もって対策をとっておけば、

    花粉症になる確率を下げることができます。

     

    できることはやっておきたいですよね?

    では、対策はこちら!

     

    ・窓を開けっぱなしにしない

    ・花粉が付着しにくい、表面がつるつるした素材の洋服を選ぶようにする

    ・花粉の飛散情報をチェックし、多い日は長時間の外出は控える

    ・帰宅後は、手や顔を拭いたり、洗ったりして花粉を流すようにする

    ・布団や洗濯物を外に干さない

    ・フローリングはモップや雑巾がけをする

    ・帰宅したら、玄関で上着を脱がせる

    2harf3_12_3

     

    対策としては、

    まず花粉との接触をできるだけ避けることが1番なのです。

     

    乳幼児はよだれが多く、

    また、嫌がられてしまうので、

    マスクを着用したくても実際はなかなかできません。

     

    日常生活の中で、

    なるべく花粉を持ち込まないように対策をしましょう。

    もし、花粉症を発症してしまったら…

     

    2歳など小さい時から花粉症を発症してしまうと、

    残念ながら毎年症状があらわれ、

    年を重ねるにしたがって重症化する傾向にあります。

     

    2歳の時点で花粉症だとわかったら、

    アレルギー検査を受けることをおすすめします。

     

    花粉症は毎年ある時期にあわられ、

    症状の予測がつけやすい病気です。

     

    医師と相談し、

    その子の症状に応じた治療プランを立てて、

    花粉症が重くならないように防ぎましょう。

     

    もし、花粉症になったとしたら、

    早めにかかりつけの医師に相談してみましょう。

    0-231


    Sponsored Link