花粉症で苦しんでいる方にとって

大きな問題となるのが、使用する花粉症の薬を選ぶことですね。

目薬はいつも何を使っていますか?

市販と処方された目薬と、どちらを選びますか??

058611-1024x768

病院で処方される目薬特徴

 

病院で処方される目薬といっても、

ちゃんと眼科で処方された目薬のことですよ。

 

耳鼻科や内科で処方される目薬は、

市販のものとさほど違いはないそうです。

 

花粉症の薬として処方される目薬は、

抗アレルギー薬が多いです。

t02200293_0240032011099605879

 

点眼用(目薬)にインタール、

点鼻用にノスランが良く使われますが、

どちらも成分に抗アレルギー薬の「クロモグリク酸ナトリウム」を2%含んでいます。

 

その他にはザジテンなどの第二世代抗ヒスタミン薬、リボスチンなども使われますが、

こちらは抗ヒスタミン効果があるため、

インタールやノスランなどに比べるとはっきりとした効果が感じられます。

 

症状のひどいときにはステロイド系点眼薬のフルメトロン0.02などが処方されますが、

ステロイドとしては比較的弱いタイプです。

 

強いものとしてフルメトロン0.1、さらに強いリンデロンなどもありますが、

これらは花粉症ではよほどひどくないと処方されないと思います。

 

点鼻薬では同じくステロイドのフルナーゼやシナクリンなどがありますが、

これらも非常によく効きます。

17702c33

 

色々難しい薬品名を話してきましたが、

病院で処方される目薬は症状や患者の体質を見て、

色々な薬品から処方されるというのが、

 

当たり前ではありますが、

1番の特徴ですね。

 


Sponsored Link

花粉症用目薬の病院と市販との違い

 

少しでも効き目が良い目薬を使用したい

花粉症用の目薬選び。

 

今では、市販される目薬でも

かなり効果が得られるものが多いですが、

 

病院で処方された目薬と市販の

大きな違いって、なんなんでしょうか??

EOS2011-1-24_022

 

市販薬ですと、

ザジテンが最強だと言われています。

 

内服薬と同じで、

ザジテンは眠くなりやすいので、注意が必要です。

 

目に大きな症状が出る場合は、

通年性のアレルギーで粘膜が損傷していることも考えられるので、

ザジテンみたいに抗アレルギー成分だけの目薬を

一年継続してさしてみるのもいいかも知れません。

 

市販薬には充血を抑える成分が入ったものが多く、

即効性はありますが、

 

継続してさしてるとだんだん効かなくなる厄介な代物です。

 

継続するなら、余分な成分が入っていない方がいいと思いますよ。

 

その点、病院で処方された目薬というのは、

余分な成分が入っていません。

 

なので、身体に優しいですし、

継続するには病院の目薬をおすすめします。

 

アレルギー体質が強めの方などは、

最初から病院に行き、処方された目薬を使う方がいいかもしれません。

new_magusuri


Sponsored Link